スポンサーリンク
Pocket

湿度が高い時期になってきた。

私、目次伸行は夏はあまり好きじゃない。

小さい頃は、夏が好きだったのだが、最近は夏はあまり好きではなくなってきた。

暑いのが嫌いというのもあるが、なによりも虫という虫が苦手になってきたのである。

春に出てくる虫といえば、蝶とか割と大丈夫な虫がでてくるのだが、この時期からどんどん気持ち悪い虫まで現れるようになる。

ゴキブリ、蜘蛛、ガ これらはもう何処にでもいるが、チョット山へいけばカミキリムシなどビジュアル的に嫌な虫が山程出てくる。

だから私はあまり夏が好きではない。

スポンサーリンク

髭の脱毛にも響く。

夏といえば日焼けにも関係がある。

日焼けと言えば、海とか行く人や健康的な小麦色した肌の女性などは、それなりに太陽を浴びても大丈夫だろう。

真っ白い人はシミやそばかすの原因になるので、日焼けはしたくないものだが、私はもともと黒いほうだがまだいいのだが…。

夏の日焼けというのは、髭の脱毛に影響があるので、現在は日焼けは絶対にNGである。

私は海は結構好きであるが、ココ数年、髭の脱毛で日焼けができないので海へ行き泳ぐことができないのでつまらんね。

もともと私は夏が好きだった。

それでも夏というのは、色々楽しみがあるだろう。

地域差はあるのかもしれないが、私のところでは近所の神社でお祭りがあったり、県でも有数な規模のまつりが近くで開催される。

当然私は外に出るつもりなんて無いので楽しみもくそもないのだが、中にはこういうイベントで楽しんでいる人もいるようだ。

私はそれこそ小さい頃まつりは好きだったが、大人になり、行かなくなった。

 

高校生の時が最後なんじゃないかな?純粋に花火大会などを楽しんでいたのは…。

 

お祭りの食べ物もねんねんと、興味がなくなっていく。

食べ物の衛生上どうたらとかそういうのは関係なく、楽しさを感じなくなったと言ってもいいだろう。

 

冒頭の通り、私は、小さい頃は夏が大好きだった。

虫もゴキブリは抵抗あったがそれなりに平気だったし、蜘蛛は苦手だったが、カミキリムシは普通に持てた。

それなのに、いつからか気持ち悪いという気持ちが占めるようになった。

 

次に、暑さに弱くなった。

そこから更に歳を重ねたら暑さを感じにくくなるというので、まだわからないが…。

とにかく暑いのが嫌いになったので、夏は外に出たくないという気持ちになるね。

夜だろうと暑いからね。

 

いろいろと経験して飽きたのか、それとも単純に私が飽き性なのか、夏といえばそのようなワイワイ系のイベントが多いのにつまらなく、暑くて害虫がでる時期という認識になってしまった。

何をすれば好きになるのか私にもわからない。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事