私の時間の使い方。
スポンサーリンク

将棋で覚える時間の使い方。

最初のプロフィールでも書いた通り、私、目次伸行はグーたらしていると公言しているが、それは言い換えると時間の使い方が、非常にへたくそであると公言している、といっても過言ではない。

具体的にいえば、気が付いたら、知識にもならないyoutubeの動画を見てしまっていているから、実にもったいないと思いつつ、楽しいからやめられないのである。

そして、将棋のことを全然知らないのに、最近は将棋の実況動画を見てしまっている始末。

どういう経緯で、私のyoutubeのオススメで将棋の動画が出てきたのか、まるで見当がつかないが、おすすめで上がっていて、なぜか見てしまったのである。

そこからと言うものの「よくわからないし、自分で将棋を勉強するつもりも覚えるつもりサラサラないけど結構面白いな。」とおもって、気が付いたらお気に入り登録をして、新着があったら見るようにしている。

ちなみに、私はボードゲームと言うのを小さいころに、遊んだことが殆ど無い。

ここから、いつものように余談となるが、遊んだことがあったとして、チョットやったことがある経験者が練習台として、なぜか実験台にされる程度である。

あとは、専門学校の時に有段者がいて、長野の修学旅行の研修で将棋をやったことがあって、8枚落ちで負けたことだってある。6枚落ちではなく、8枚落ち。

飛 角 香 桂 金が無い状態で対戦したら普通は勝つだろうと思うし、さすがにそれなら勝てるかも?と思っていたが、そうは問屋が卸さなかった。

ちなみに、アマチュア4段だか3段とか言ってたが、何度も「金は斜め後ろは動けないです(笑)銀は横に動けないです(笑)」と言われるくらいの弱小では勝てるわけでもなく、非常に弱いことは確かである。

とはいえ、アマチュア4段くらいの実力をもっていると、8枚落ちで戦ってド素人に負けることは、ほぼ無いと言ってた、ちょっと将棋をかじった程度の人には負けないものらしい。

つまり、どう考えていても「素人が勝てるわけない」という勝負に「8枚落ちという言葉に負けて負ける勝負を挑んでしまった」という話。

そんな程度の実力なので、正直言って、将棋が趣味でも何でもない私からしたら、youtubeで将棋の実況動画を見るというのは、かなり無駄な時間と言えるかもしれないが、そうではないことに気が付いた。

閑話休題でそろそろ時間について話をしよう。

さて、将棋というのは”実によくできているゲームである”ということが、とてもよく分かったのだが、何が”よくできているか?”というと、将棋と言うボードゲームは、無駄に時間を使えないゲームであるということ。

先ほどの通り、私は戦略に関しては全く分からないから、偉そうなことを書くことはできないが、将棋いうゲームは、こちらの駒の動かし方によって、相手にどういう戦略ですか?振り飛車ですか?居飛車ですか?と尋ねるという動かし方があるということ。

そして、パターンに応じ、税金と言われる一手を先に支払いを考えたりして、支払わないと角が飛び出してきて不利になるなどということを、相手のターンに考えるということで、相手のターンだから休むということは許されないゲームなんだと知った。

相手の時間でも考える必要があるということで、将棋では相手がこのようにしたから、こうやって耐えよう。という考えでは、手遅れになり、すぐに負けてしまうゲームであるということが分かった。

一部、話を極端変えて話をするならば ”自分の順番なければ、持ち時間な止まるが、一般的に生きているこの時は流れているので、その時でも考えて次にどんな行動に移すか考えている”ということだ。

この考えは非常に効率が良いし、時間の使い方としてはとても上手だし、よく出来ていると感心したものである。

スポンサーリンク

何もしなくても何かを生み出してくれる存在を作る。

さて、お金が2倍になっても時間を2倍にすることはできない。ということをよくビジネストークで言われるが、若干自分は違うのではないか?と思っている。

言い分は、給料が2倍になりました⇒でも1日は24時間で変わりませんよね?なのでお金よりも時間を大切にしましょうと言われるが、これには若干疑問である。

使えるお金が2倍になれば、使った時間に対して満足度は上がると言うことは理解しておくべきである。

ちなみに、お金で時間を買うことはできないが、消費する時間をお金で軽減することはできるので、買っているわけではない間違わないように。

それを『お金で時間を買ったんだ。』という表現をしている人がいるのだが、それを悪いとは言わない。

しかし、マジックザギャザリングの”time walk”のように、コストを支払って新たにターンを追加する。という訳ではないので、正しくはお金を使って無駄な時間をカットしたのだ。

これを踏まえて考えてほしい。

”アルバイトの労働”という収入手段は、時間と身体を使ってお金を稼ぐことであり、その性質上”給料=時給×実働時間”であり、実働時間は24時間は決められていて、このような収入は、テンシンハンやコピーマンみたいに自分を複製することができれば良いが、実際はそういう訳にはいかない。

私は残念ながら、労働という選択肢で長期的に収入を得るのはとても難しいので、羨ましいといえば、羨ましいしその手段が悪いとはまるで思ってないが、もったいないなとは思う。

そこで考えるのは”何もしてない時でも、お金が入ればいいのに”という考えである。

つまりこれは、収入=労働時間×時給という物ではなくて、何もしなくても何かがお金を生み出してくれる自分の専門の変わりを作っておこう。ということである。

たとえば、ツイッターの自動化ツイートっていうのは、最近は煙たがられるが、そういうのが流行っていないときは、普通にその人がツイートしていると思われていて、自分が寝ていても勝手に宣伝してくれていた。

何かをしてくれる自分の代理というシステムということだ。

これをうまく活用すれば、自分が実際に労働へ出ているときも収益があるのだから収入は増えるという考えであり、やってすぐに効果があるかどうかは別として、考え方としては、実に単純明快である。

私のように、労働をしないで収入の得ることができれば、より生活の満足度が上がりうるのだが、そのためには行動をしなければならない。

そして行動をして、システムを構築する時間を費やさなくてはならず、その支払う時間と言うのは、あなたの娯楽時間である。

そして、その娯楽時間はあなたのお金を奪うこと事もありうる。

そんなことをしておいて”あと5万円でも収入が多くなってほしい”という声は非常に多く”10万円多いと生活がかなり楽になる”ということ平気で答える。

その癖に、増えたらいいのにと思っているのに娯楽し、お金を消費して浪費をしているということだ。

つまり一般時に私がプラスされたら、今まで通りの生活であなたの給料に20万円から30万円増えるのだが、それは良いとおもうか悪いと思うかというのは、あなたがどう思うかだ。

 

あなたが仕事をしていて、お金を稼いでいる。

あなたが仕事を休んでいるときも、娯楽時間を捧げて、お金を稼ぐシステムを作る。

成功すれば、あなたが仕事を休んでいるときもお金を稼いでくれる。

あなたがお金稼ぐシステムをつくっても作らなくても1日は24時間である。

 

将棋でいえば、 あなたの順番はあなたの持ち時間を消費している。

あなたが、一手を指し、相手の時間でも思考をしなくては勝利は難しい。

相手の時間でも、相手が何をしたいのか、どのように相手を動かすの考える。

どちらも持ち時間は決まっていて、勝負できる時間は決まっている。

 

こじつけっぽく思うが、将棋から時間のことを学ぶことができるとは思ってもいなかった。

おすすめの記事
目次伸行と生活
過去にも似たようなタイトルで記事を書いたかもしれないが、私、目次伸行はノートに多少こだわりを持っていて、一番のお気に入りはアピカ Premi...
私は自由に生きる。
目次伸行のブログ
わたくし、目次伸行は自由に生きていますが、自由というのは何でしょうか?辞書を引くと、こむずかしいことが書いてありますが、あなたが思う強制 拘...
私とスマブラ
目次伸行と生活
ゲーム機が増えた 私、目次伸行は比較的ゲームが好きな方だった。 おとなになってからアレほど大好きだった、ゲームを殆どやらなくなったし、据え置...
私と退職。
目次伸行と生活
嫌になったら退職しよう!辞めたいは覚悟が足りない=成功もしない。 私、目次伸行(めつぎ のぶゆき)は今年で退職するつもりだ。 理由は、流石に...
私と蔓延防止措置
目次伸行と生活
引きこもって仕事とトレーニング 私、目次伸行(めつぎ のぶゆき)はゴールデン・ウィークでも仕事をしている。 こんにちは、皆様、御機嫌如何でし...
私と2020年。
目次伸行と生活
2020年はさらなる向上を! 私、目次伸行は2020年の目標として、2019年よりも良い年にすることが目標である。 これは誰もが決めることか...
私とダイエット。
目次伸行と生活
私、目次伸行(めつぎ のぶゆき)は現在34歳となり、そろそろ健康に気を使わなくてはいけない時が来たと感じている。 具体的には正しい姿勢で運動...
私はザンギエフ的な生き方。
目次伸行のブログ
ザンギエフの戦い方は爽快。 前回、ストリートファイターの記事を書いたが、人生においてはガイルのような戦い方をした方が、よく立ち回れると書いた...