私が目指す優雅な生活。
スポンサーリンク

優雅な生活とは。

私はプロフィールでも書いた通り、グーたらしていて、基本的な性格は”面倒くさがり”であろう。

私が言う優雅な生活は次の条件をすべて満たしていることである。

「好きな時に起きる」「好きな時に出かける」「好きな時に寝る」「好きな時に働く」「好きな時に好きなものを食べることができるお金」

これらが優雅な生活といえるだろう。

こういう事を書くと”友達がいない可哀想なやつ”と思われそうだが、実に残念…!そんなことはなく、今でも結構遊びに誘われるほど、友達は多いし、ちょっとやそっとの事では崩れない友情で、本当に良かったと思っている。

話を戻すと、このように人付きは好きな方であるので、冗談抜きで面倒くさがりなのか?といわれたらそういうわけでもないのだが、仕事に関しては基本的にめんどくさいと思う。

その証拠に、懲戒免職処分となったバイトも一時期はお金がたくさん必要になったときは、家庭で何もする必要がない時は、週5で出勤していた時もあった。

しかし週5出勤と言えば、それは普通のサラリーマンと同じであるのだから ”お前はちっとも頑張っていない” ”社会不適合者 乙” と言われれば、それまでなのだが、反対に社会不適合者だからこそ、優雅に生活できている。

労働時間の”ほぼ”なしで30万円の収入がある人がどれだけいるのかな?外資系企業勤務なら可能性あるけど、日本の企業の労働環境下で、週1出勤で手取り30万円だなんてほぼないだろうな。

だから、私のこの性格には感謝していると言わざるを得ない。

好きな時に寝て、好きな時に外へ出て、好きな時に起きる。

こんな生活をしてるのだから、やめることはできないし、世間一般的には普通ではないといえるだろう。

私の中ではそれが普通であるから私のことを批判するような負け組労働者や生活保護者はそこを叩くだろうなとおもっている。

前の記事でも書いているが、私の名前で検索をかける人は3通りだと思っている。

① 過去に私からネットで叩かれた人で虚言症の池沼。

② 私の過去を知っていて、ニュースが広まったからまた気になって調べた。

③「何かの縁があって」名前を検索するという3パターンかな。

② と ③の方々に対しては、非常に申し訳ないのだが、このブログを書く理由は①に向けて書いていることでもあるし、なおかつ、私の名前である”目次伸行(めつぎのぶゆき)”という検索で、上位にヒットするようにするということが重要であるから、攻撃的な文章は許してほしい。

そういうところは優雅ではないかな?悔しくはないけど。

スポンサーリンク

優雅 には 高い品位が必要である。

優雅というのは、健康が必要であり、優雅に過ごすには快適な睡眠が必要であるが、それ以外にもいろいろなことに高い品位を求められる。

こういう事をワザワザ、クオリティという人がいるが、クオリティ クオリティと実に安っぽく聞こえるから滑稽千万だ。

品格があり出来上がりが美しい商品 = クオリティが高い。

安価で高機能な商品 = クオリティが高い。

高品質を維持している商品 = クオリティが高い。

馬鹿かと言いたいし、そのようにいうひとの大体が、語彙が不足しているので勉強した方がいいし、コスパが良いというのも、できれば乱用は避けたいし、トライ&エラーというのも正しくはトライアル&エラーだから乱用しない方が賢明だろう。

さてさて、冒頭にもどり、快適な睡眠とはなにか。

快適な睡眠とは、寝具によって左右されるといわれていて、金額が高いからと言ってよいわけでもないのだが、たいてい金額が高い商品は様々な硬さと柔らかさを選択して選べるし、高級ベッドはマットレスの高さがあるので、寝たときや腰を掛けたときのある程度ちょうどよいので、快適になりうる可能性が高い。

まぁ、そういうのを選べるのも、それなりに収入がある人の特権だろう。

自分が欲しいのはシモンズベッドのプレミアムビューティレストであるが、80万円もするのでさすがに購入することはできなかった。

現在はシモンズの15万円の島忠モデルでだいぶ80万円から値段は下がってしまったが、そいつもなかなか快適である。

しかし、10年近く使っているのでさすがにヘタってきてしまった。

そろそろベッドを検討しなければとおもっているが、現在住んでいる市はスプリングが入っているベッドは排出禁止なのでどうやって処分しようかね?

まぁ、それこそお金で解決するのだが…。

今はベッド選びを楽しくやっているし、都内へ出ればシーリーへ入り、シモンズに入り、サーターを入るし、時には、高島屋で寝心地をチェックしたりもする。

それも人がいない平日はゆっくりできるから本当に快適であるが、店員からすればいい迷惑であるのだけど、まぁどこかで買うから許してくださいといった形。

上質な睡眠に、自分が落ち着くブログ執筆環境で最低限の好きなものに囲まれた生活というのはじつに優雅である。

ミニマリストは優雅なのか?

よく、私は無駄なものをあまり買わないからミニマリストなのか?と聞かれることがあるのだが、結論から先に言えば思想は似ているが非なるものである。

必要最低限だと思って所持しているものは多いだろうし、ミニマリストからしたら物が多いというだろう。

靴なんて10万円クラスが6足もあるのだから、その時点でミニマリストではないだろうが、私の中では最低の数である。

私の名前で検索する人がミニマリストを目指してますなんて人は居ないと思うが、もしそんな人がいたらぜひ参考にしてほしい。

そして、どんなに私が嫌いになっても靴だけは数足所持してきちんとケアしてほしい。

批判の理由はミニマリストはたいてい靴を一足しか持っていないというところだ。

足の裏は一日に100㏄程の汗をかくのだが、その100㏄の水が靴にしみこみ、暗所で風通しの悪い場所で保管されるわけだから雑菌が繁殖するのだが、当然靴を履かない時間は大体12時間ほどであるから、当然そんな時間で乾くことはなく、そのまま100㏄の汗をジワジワと靴の中に入れるわけである。

そして、雑菌がウヨウヨした靴に自らの足を入れるわけだから、足が臭くなるのは当然であるから、ミニマリストは本気で足が臭い人が多い。

それを僕は私はミニマリストだから靴は一足で十分などというのは、完全にスメルハラスメントであるのにミニマリストであることを自慢しているから、迷惑極まりないことである。

ついでだから書いてしまうが、日本人は靴と歯に対する認識があまりなく、どちらかというと無頓着であるから足が臭い口が臭いと海外から揶揄されていることに気が付くべきだし、みんなあの人は口が臭い足が臭いって思われているから気を付けた方がいい。

特に日本人の8割は歯周病と言われているのだから、このブログを読んだあなたも歯周病である可能性が高いってことですから自覚したほうがいい。

正しく、靴を毎日乾燥させて、毎日歯磨きとデンタルフロスをして、歯医者にお金と時間をかけるだけで、優雅になれるかもしれない。

靴の話にもどすが、最近ミニマリストを目指している人がおおいのだけど、靴を減らすのは本気で迷惑だからやめてほしい。

優雅というのは品位が高いことも含まれていて、においというのもとても大事な項目なのである。

贅沢が優雅なのか?

ブランド信仰であるという記事も書き、ここまで高級なものをすすめて、お前のいう優雅は贅沢なのか?と思っただろうけど、結論から言えば、お金があった方が贅沢で優雅に過ごせることは間違いないだろう。

コーヒーで比較するとわかりやすいかもしれないが、スターバックスと高島屋横浜店のイノダコーヒーを比較してみると、価格帯は似たようなものだけれど、どっちが優雅だろうか考えてみてほしい。

土日はある程度お金を持っているご年配の方々が井戸端会議として話し声が大きく聞こえるが、基本的にはイノダコーヒーのほうが優雅である。

では、少し値段を挙げて横浜SOGOのブルーマウンテンにしてみようか。

スターバックスはどちらが優雅なのか?行ったことがある人ならわかると思うが、完全に一目瞭然であり、ブルーマウンテンのほうが優雅であるし、贅沢でもある。

コーヒー1杯に1200円だったか1500円だったかが平均なので、高級と言えば高級だろう。

ちなみにこういう事をいうと「俺はコーヒー嫌いだから~(笑)」とかいう、話の分からない頓珍漢がたまにいるが、あくまでも”優雅”を比較しているわけだって、あなたのコーヒーが好きかどうか聞いているわけではないから、その時点で一生貧乏人をやっていた方がいいし、話が分からないあなたは可哀想だとすら思う。

余計なお世話かもしれないが、注意してあげよう。

少し考えてみてほしい、あなたのコーヒーが好きか嫌いかという己の評価で店の雰囲気が変わるのか考えたらわかるとおもう、そんな頓珍漢な考えは捨てた方がいいし、論破したとか思うものならもう末期である。

それは、論破されたのではなくて、愚論するのがめんどくさくて、もうだめだと思われてることに気が付いた方がいい。

周りにそういう人がいるようであれば、他人が交友関係にケチをつけるのはどうかとおもうが、極力かかわらない方がいいかもしれない、面白くないし、あなたもストレスがたまるだろう。

あとは、高級というのは足切りにもなっているところにも注目したい。

格式が高いお店というのは、気安く足を運べないことを意味していて、変な人が少ないことは確かだし0ではないけど大抵はそれなりの品をもつお客様が多い。

ドン・キホーテや、ららぽーとのようなところは、私も好きなのだが、高級百貨店のほうが同じ無料で入れるのにもかかわらず客層がまるで違う。

確かに女性のファッションに関しては、OLをターゲットにしたブランドばかりだが、Louis Vuittonなども百貨店にあるのだから。10代は入れないのか?というとそうでもない。

ちなみに、このようなことを敷居が高いというけど、敷居が高いというのは本来は間違った使い方であることは頭に入れておこう。

正しくは「格式が高くて入りがたい」である。

敷居が高いというのは「失敗や粗相を犯して、入りにくい」ということを意味するのだから、お店で使うときは「昔、あのお店には迷惑かけちゃってね、それ以来敷居が高いんだよ。」というのが正しい使い方である。

しかし、広辞苑では、誤用として使われているが、あまりにも間違った使い方をされるものだから、その意味を持たせようとしているらしい。

時代の流れでしょう。

優雅というのはお金を持っていると得やすい。

私、目次伸行(めつぎのぶゆき)が思う優雅についてお分かりいただけたかともいます。

お金がすべてじゃないといっているそんなあなたは、今すぐお金を手放してみてはいかがでしょうか。

人生の99%お金が絡んできていますから、お金に円がない人や優雅や贅沢に縁がない人ほどそのように負け惜しみを言いいますが、やめた方がいいですよ。

最後に結論ですが、私の優雅レベルは100のうちレベルは50くらいかね?いまのある程度の自由な生活はとっても満足していますので、残り50%は収入面となるのですが、、月50万円になったらレベル55になり、月100万になったら80%で月200万円になったら100%になると思います。

おすすめの記事
私とサプリメント
目次伸行と生活
目次伸行(めつぎのぶゆき)はサプリメントマニア。 私、目次伸行(めつぎ のぶゆき)はサプリメントマニアで、サプリメントに関しては他の人よりか...
私と平成。
目次伸行のブログ
平成も残りわずか。 私、目次伸行は昭和61年生まれであり、昭和の最後のほうに生まれて、今後も平成と生き抜く予定である。 明日は、いよいよ4月...
私と誕生日
目次伸行のブログ
良い一年に! 私、目次伸行(めつぎのぶゆき)は今月誕生日であり、それが過ぎてついに一つ年齢を重ねてしまった。 ひとつひとつ、しっかりと年齢を...
私とバイト。
目次伸行と生活
私、目次伸行は最近バイトの面接へ行ってきた。 場所は控えるがとある急便の配送センター内の仕分け作業とだけ言っておこう。ジェーのように名前を出...
私と新年会
目次伸行のブログ
新年会シーズン。 私、目次伸行は事業経営者として頑張っている。 そこで誘われるのが、会社の新年会なのだが、いろいろな人が集まるところの新年会...
私と1年。
目次伸行のブログ
目次伸行,目次 伸行,めつぎ のぶゆき,めつぎのぶゆき,metsugi nobuyuki,海老名市,めつぎ...
私とゲーム機
目次伸行と生活
ゲーム機は手放した。 私、目次伸行(めつぎ のぶゆき)は大切にしていたゲーム機をすべて手放すことにした。 理由は机の上においてからというもの...
目次伸行とお客様。
目次伸行のブログ
GWが終わっても勉強をしよう。 私、目次伸行は、GW中に勉強をしたので、勉強した内容をザックリ書きたいと思っている。それと、何をしたかもつい...