スポンサーリンク
Pocket

部屋をリフォームした。

私、目次伸行はDIYが趣味である。

冒頭の通り、私は自室をDIYでリフォームした。

 

もともと畳の部屋であるが、畳も割と古く、起業前で悪いことをしてお金を稼いでいたときは、部屋もキレイとは言えない状態だった。

パクられた事をきっかけに、悪銭で稼ぐことをやめて、心を入れ替えて少しずつ部屋をキレイにしていったのだが、部屋の整理整頓だけでは限界というものがある。

片付けで「これ以上もうしまえるものは無い」とチューリングコンプリートな状態になったとしても、部屋の印象というのは「壁紙」「床」「家具」である程度決まってしまう。

たとえば、それこそ業者に頼みリフォームした際に「家具がちょっと古臭い」とせっかくのリフォームの気持ちが半減してしまい、新しく家具などを購入し直すのと同じような感覚だろう。

 

私の場合はできることは、部屋の片付けからだった。部屋が汚かったので、運も悪かったと思う(笑)

時間をかけて、部屋をキレイにしたが、事務所っぽい作りで且つ夜のお店っぽい雰囲気にしたい…。という気持ちがあるのだがそれでは片付けや家具だけではなく、床や壁紙にカーテンなどと言ったものも少しずつ変えていかなくてはならない。

残念ながら、私は最近良い意味で仕事が忙しく、スキマ時間で自分でDIYで床を交換したり、床下に電気を通したりなどなどをしている状態だ。

ゆっくりゆっくりやって、2週間ほどの時間を費やし、やっとで畳から床上げ工事を行い、下木を敷いてウッドカーペットを木ネジで固定した。

これで、畳を撤去してフローリングとなったので、あとは自分好みの塩ビタイルを探して敷くだけの状態になった。

 

最近は大理石の塩ビタイルもなかなか素敵なデザインが多いのだが、無機質な白の床もいいなと思っている。

さぁどうしようか…。

 

パソコンデスクも作る必要がある。

こういう作業は以外にもお金がかかるな…。

なんだかんだ、工具を買ったり家具を買ったりして、費用に20万ほどかかってしまっている。

 

経費にならないかな…?

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事