スポンサーリンク
Pocket

3つの事業を経営。

私、目次伸行は、3つの事業を経営している。

といっても、インターネットにおける広告収入の年収が何をどうやっても65万円を超えるので、青色申告しなくてはいけなくなったついでに、不起訴処分とはいえ、アルバイトも懲戒免職処分になったので、成り行きで開業したといえば、そうなってしまうのかもしれないね。

最近だが、ある情報を聞くと、いまだに私の事をシツコク探っている人がいるようだ。

私は、家族や親戚が殺害されなければ、特に問題はないと思っているし、正直マンションそのものに、防犯カメラもついているので、誰かがジャスティスハラスメントをしても、問題ないと思っている。

すぐに犯人分かるしね。

2つの事業は共同事業なのだが、相手の好意で収益はすべて自分がもらっている。裕福な人はそういう事も平気でするが、私にはまだまだそこまでできそうにない。

MLMの収益も数万円相変わらずあるのだが、そちらのほうでもまた屋号を取る必要がでてくるかもしれないね。

そしたら、4つの事業を展開することになるわけだが、正直、収益はgoogleのアップデートを喰らい、下がり気味である。

なので、メイン収益はアフィリエイトだが、そろそろ、メインをコンサルタント業務にしようと思っている。

スポンサーリンク

開業届。

事業を開くのは簡単である。

単純に、開業届を管轄の税務署へ行くともらえるので、書くところを書いて、捺印をして提出するだけである。だから誰でもできるし、はっきり言えば、アルバイトの面接よりも簡単である。

自分が開業したいな~とおもって気分で開業したっていいんじゃない?ってくらい気楽にやっていいものだと、私は思っているけどね。

収益が無いならする意味もないけどね。

時間の有効活用。

私は、夜勤でアルバイトを始めたのだが、これは運動としてとても有意義…。と言いたいところだが、筋力が付いてしまい、シャツの肩幅が合わなくなってきていることに気が付いた。

この間、急用で、トミーヒルフィガーのワンポイントシャツを購入した。

サイズはMサイズで、肩幅が44㎝と公式で書いてあったが、なんと、肩が突っ張っている…。

うむ…。確かに二の腕が非常に太くなったのは、正直気が付いていたのだが、ここまでとは…。

ジムへ行っていたが、こちらはお金も発生するし、一石二鳥だろう。といっても時給1500円程度だから大した収益にはならないけどね。

特に事業については自動化をしている部分が多く、あれこれしているわけではない。最近力を入れているのは健康だね、人間お金がたまると健康に興味を持つという風に言われているが、最近は元々健康マニアだったのに、さらに健康マニアになっている気がする。

私が行っているMLMはアメリカの健康マニアが抜粋した理論に基づいた商品で、値段は高いが良いとは思っている。

勿論何とは言わないけどねA社ではない。

おそらく私のゲノム情報は夜型人間なのかもしれないが、これは悪いことではなく、朝方の原始人から進化した人間らしい。

朝方の人に別に喧嘩を売っているわけではないが、某有名な人がそう言っていたので、そのまま使わせていただいた。

健康で外に出れるならそれでいい。

私は元々欲がある人間である。

意外にも、人に何かをおごったりするタイプだが、案外、自分の出費にはケチである。

だから、必死こいてお金を集めるのだが、それも、私が健康であり、外に出ているからというのが絶対条件である。

中には、堀江貴文さんみたいに、刑務所で沢山お金を稼ぐ人もいるみたいだけど、一般的には無理だろう。

 

少なくとも私には無理だね(笑)

 

話はそれたが、健康で外に出れればそれでいいというのも、今の夜勤は一般的には辛いという職種で仕事しているのだが、今までの自分では絶対に選ばなかったね。

誘われたから選んだのだが、正直、誘われて入る場所が異なり、かなりの力仕事で大変と言えばそうだが、なにより運動になる。

そして、帰ってからすぐに風呂に入れるし、当たり前のことなのに、本当に良い生活をしているなと身に染みて実感している。

何よりも今までなら、舐め腐った態度で仕事をしていたかもしれないが、本気でなんでも取り組むようになった。といっても流れ作業は不得手だから、まだ不慣れだけどね。

不慣れな仕事をしていても、暇で不味い飯を食わされ、檻のなかで”森永のピクニック”を飲むくらいしか楽しみがないよりは、不得手な仕事のほうがマシである。

しかし、私がP君みたいに生活保護でお金がない人生だったら、大変だったかもなぁ…。

企業に雇われずに稼ぐ力を持っていて私は良かったと心底思っているし、生活保護よりも低い生活水準で生活していた時期もあったから、生活保護でも私はそれなりに満足に生活できるだろうね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事