スポンサーリンク
Pocket

最近、GTAをよくやっている。

私、目次伸行は最近GTAオンラインをよくやっているのだが、これのお金の使い方ってリアル世界でも大切なことだと気が付いた。正直、作業ゲームとレビューを見ると揶揄されているのだが、見方を変えると案外お金持ちになるために必要なことが凝縮されている。

したがって、たかがゲームとはいえ、素直に感心したといえ、感心した。

GTAとはgRand theFt auto(パッケージ表記のまま)で、その頭文字をとってGTAと呼ばれていたり”グラセフ”という愛称で呼ばれている。

私が初めてプレイしたのは高校生ぐらいの時だったかな?GTAⅢとアドバンス版で、前にも書いたがバイスシティはやっていない。

何がリアル世界でも大事なのか、それはもちろんGTAの世界観と言うよりは、GTAオンラインはお金がすべてと言われているので、そのお金稼ぎにの事である。

ひょっとしたらGTA お金稼ぎ とかで私のブログが出てくることがあったら、申し訳ないが本作GTAオンラインとは一切関係のない記事なので、そういう方はブラウザの戻るボタンを押しても一向にかまわない。

スポンサーリンク

働いてオフィスを買って、車庫を買ってお金を増やす。

GTAの世界でお金を増やす方法を調べた限り、定番なのは、レスターのフリーサ銀行強盗や、暗殺ミッションを繰り返して20万ドル貯めて、アパートを購入する。

そのあとも同じように暗殺ミッションや強盗を繰り返して、頑張って60万ドルほど貯めて、装甲車カリンを買う。

そして今度は150万ドル貯めて、倉庫を買えば下準備完了であり、おそらく200万ドルぐらいは必要になる。

そこまで下準備が終わったら、あとはビジネスが開始となり、基本的には車両を盗んで売るという作業で一度に10万ドルを稼いだり、車両を売ったら45分くらいのクーリングタイムがあるのでその間はほかのミッションやったりしてお金を稼ぐのが一般的らしい。

これをリアル世界で見たら、単なる凶悪犯罪者なのだがビジネスとしてとらえると、意外にも時間効率と言う面では非常に大切なことをしていることになる。

稼ぐためにお金を使う。

オフィスを買うということは、お金を稼ぐためにお金を使うことで手に入れるものであり、これは投資と言えるということに気が付くかどうか。ということである。

自分のアパートや車というのは、一般的には娯楽や嗜好品と言う位置づけだが、車もビジネスで使うもので、装甲車でないとすぐに車両を盗んでくるミッションが失敗になってしまったりしてしまうので、必ず必要な車両である。

通常、車と言えば利便性やステータスをもとめるものだが、GTAの世界ではそれがビジネスで必須のものとなっている。

リアル世界でのお金の使い方は浪費が多い。

リアル世界でお金といえば、サービスと交換できるアイテムという位置づけであり、お金があればある程度のことはできるし、場合によっては、愛だって買うことができるとすら言われている。

しかし、これらはお金をサービスと引き換えにつかっているということであり、お金をお金にするために使っているわけではないのだが、GTAの世界ではお金はお金を稼ぐために使うものということが当たり前になっているから、その視点が重要ということをまた改めて認識もらいたい。

私はお金があれば、おいしいものやおしゃれな物を見に行ったり、買ってしまったりしているが、これは浪費である。私自身GTAをやっていながら、お金を使うビジネスを実践していないから、偉そうなことは言えないかもしれない。

具体的にはお金を生み出すお金の使い方と言えば、株やFXにバイナリーオプションと考えてしまうかもしれないが、今では、PCやスマートフォンも投資の一つになるし、高性能カメラなんかも投資となるかもしれない。

なぜなら、youtubeなどの動画コンテンツという一つのビジネスに必要なものであるからである。だからカメラが趣味というひとは、いっちょ高性能のデジカメを購入して動画をとってyoutubeやらの動画コンテンツに投稿してみるのもいいかもしれないね。

GTAでいえば、それは装甲車に当たるということである、装甲車は一般的なアイテムではないが、高性能デジカメなどは趣味の範疇で購入する方も多いと思うし、そのデジカメで何を撮影するかは持ち主次第だが、今などんなコンテンツでもマニアがいるから、発信を続ければ再生されるのだという。

その辺はGTAよりも集客と言う意味では簡単かもしれないね。

GTAでお金持ちになれたなら、リアルでもなれるかもね。

私が思うに、GTAでお金が上手に回って、ゲームと言うだけの視点ではなくて、ビジネスという視点でプレイできるのならば、リアル世界でもある程度のお金持ちになれる素質はあるかもしれない。

私はGTAⅢをやったときは高校生だったが、その辺の市民を倒して遊ぶという、まさに高校生がやりそうな遊び方で遊んでいたわけだが、その時のGTA世界でのお金の使い方は、武器をすぐに買ってしまい、お金が無くなってはチートコマンドをつかって、お金を増やして武器も増やしてというやり方だった。

リアル世界であれば、借金をしているということになるわけだ。

そんなやり方を現実世界でやっていればお金が余ることなんてあるわけがない、とはいえ私は高校時代そんなにお金を使うことが無かったので、困ることはなかったし、むしろ、お金を貸すことが多かったかもしれない(笑)しかし、お金をつかってお金を稼ぐということはしなかったかな。

お金を増やすお金の使い方を知る。

これほどGTA GTAと言っておきながら、このセクションではGTAから離れて、現実世界において、それがどういうものかまとめてみる。

今稼げるコンテンツといえば、私がやっているブログである。ブログは中古で3~4万円くらいのcorei5でSSDが搭載でWindows10が導入されているPCを使っている。

まぁこのパソコンでは、動画編集は不可能なので、高性能カメラを買っても無駄な買い物となるね。

つまり4万円ぐらいのお金を投資して、頑張って次は50万円ほど稼いで、高性能デジカメと高性能PCと動画編集ソフトを買えば、今、お金持ちが続出しているyoutuberというビジネスを開始できるわけだ。

電脳に関係のないコンテンツでいえば、今は整体などが流行っているかもしれないね、高齢化社会ということで、年齢を重ねると肩が痛くなったり腰が痛くなったり、いろいろと体の具合が悪くなったりする。

それを少しでも楽になりうるマッサージとして、整体などのお店が多くなっており、現に私の家の周りでもリラクゼーションの店舗が4店舗ぐらいあるから、流行っている証拠だろう。つまり、家でもいいから店舗を持てばそこから集客が見込めるかもしれないということだ。

集客方法はツイッターでもFacebookでもいいわけである。

そのためには、開業用のスマートフォンを買うとかで対応できるし、家でやるなら、時々リサイクルショップで、あごの部分に穴が開いているマッサージ用のベッドが5000円ほどで綺麗な状態で売っているからそれを買ってもいいわけである。

友達を呼んで30分500円で10回やれば元を取れるでしょう?そのかわりそれだと割に合わないのでツイッターで投稿してもらうという方法で宣伝すればいい。効果が無くても相手だって一回500円と言う格安でやってもらっているわけでほかのお店へ行くと10分1000円と言うのが相場なのだから、宣伝ぐらいやってもいいかな?と思うかもしれないしね。

いずれにせよ、お金を使って物をかって消費ではお金を得ることがなく、お金を使って、なにかのコンテンツでビジネスを始めるというところに、躊躇せずにお金を使えるか?というところがビジネスで必要と言うわけだ。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事